多重債務になった時に行うべきこと

多重債務になった時に行うべきこと

複数の金融機関から借金をしている状態を多重債務と良います。中にはひとつの借金を別のところからの借入で返済をする状態になっているケースもあり、結果的に雪だるま式に借金が増加することもあります。借りられるところが無くなると、いわゆる闇金に手を出してしまい、闇金の手に落ちてしまうと益々状況が悪化する恐れがあるのです。

 

万一、多重債務に陥ってしまった際の対策法ですが、自力で返せそうな場合は借金をまとめてしまう方法があります。複数の金融機関を利用していると返済スケジュールが分からなくなったり、それぞれで金利も発生して収拾のつかない状態に陥りやすくなります。一箇所にまとめることで返済場所を明確にでき、金利も減らせる可能性があるのです。

 

しかしながら多重債務の場合は自力で返していくことが困難なことが少なくありません。その場合の手段としては債務整理を行うことが挙げられます。債務整理は法的な力を使って借金問題を片づけていく方法ですが、返済が困難になってしまった債務者の手段として選択されることが増えています。手続き内容は複数あり、場合によっては多くの財産を失ってしまう可能性があります。

 

また、債務整理の記録はしばらく残ってしまうため、新しく借金をすることができない、クレジットカードを持てないなどのペナルティが課せられてしまうこともあるのです。

 

しかしながら多重債務の状態を効果的に解消する手段として検討してみる価値は大いにあると言えるでしょう。それに手続き内容次第では裁判所を通すことなく進められるために簡便であり、財産を残した上で借金による負担を減らせることもあります。ケースによっては対処の仕方が異なりますので、まずは法律家に相談をしてみることが大切です。